2018年5月28日月曜日

6/21(木)は ”6月のムビラ♩実近修平さんlive✳︎ at nyau”

ムビラ奏者 実近修平さん、6月もnyauにムビラliveに来てくれます〜♩
アフリカ ジンバブエの伝統楽器、ムビラの振動と音の感覚がnyauの空間にひろがります。
民族楽器の生音にふれてみたい!って方、もちろんムビラ大好きな方も、ぜひ覗いてくださいね(^-^)/


6/21(木)
・13:00〜 ムビラliveスタート♩(約2時間)¥2000 + ワンオーダー
・ご予約不要です。

・nyauは、ライブ時間を含め11:00〜20:00でオープンしています(^^




・・・・・・・・・・・・・・・・・
実近修平
1981年10月16日生。
山口県徳山市出身。京都在。

Africa Zimbabwe のショナ族に太古より伝わる伝統民族楽器MBIRAのソロ奏者。
2007年よりショナ族のMbira player & maker の Rinos Mukuwurirwa Simboti に師事。
2016年5月現在までに6度、Zimbabweに渡る。総滞在期間は約15ヶ月。
日本では京都、東京、静岡、大阪を中心に演奏活動とムビラのワークショップをしている。


♩♪ Mbira(ムビラ) について(実近修平の独自の解釈)

アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わる楽器Mbira。精霊(祖霊)とのつながりを確認し、神へと想いを伝えるために演奏されてきた。
ムビラを演奏し、シャーマンが祖霊や偉大な精霊たちに祈りを捧げ、神へ感謝と守護の祈願を伝える。演奏の美しさによって祈願の是非が決まる。ムビラの音は、雨音を連想させ、聴く者と弾く者の両者のマインドを静まらせる。顕在意識から無意識への旅の途中に現れる、「まどろむ雲」を突破することに成功した者が、内面へと旅を続けることができる。ショナ族は、ムビラの成立から絶えることなく音世界を展開し続けている。弾く資格のある者は、その音世界から音を導く。


Facebook 
https://www.facebook.com/shuhei.sanechika?ref=tn_tnmn

ブログ 
http://www.voiceblog.jp/mhukatiende/


主な演奏歴
美術館:名古屋市美術館 池水慶一による個展「毛深き人たち」での演奏、在郷美術館
寺社:水屋神社、梨木神社、妙音弁財天社、西方寺、善生寺、慶安寺、法然院、安楽寺、龍津寺、仏光寺、大慶寺他
教育機関:北九州市立大学、清水小島小学校
祭典:Fujido Fantastic Music Festival 不二洞幻想音楽祭、Mbira Summit East
vol.7,vol.9 、 Mbira music festival 2010 , 2011 、ムギテバアートフェスティバル、瀬戸内国際芸術祭、山水人
画廊:堺町画廊、錦鱗館、ナリワイギャラリー他数
cafe : カイラスレストラン、なやカフェ、MANIAC STAR、cafe CAPU、気流舎、ハライソ、クジラウオ、Aman、パンチャバティ、オーガニックハウスサルーテ、他多数

共演者:Garikai tirikoti、Pasichigare Mbiras、近藤ヒロミ、UGmatsuhira、秋野亥左牟、David
Kuckhermann、東山動物園のゴリラたち、Chocoringers、鎌仲ひとみ、ぱお、sumi、すずきなお、オカダケンシン、池水慶一

・・・・・・・・・・・・・・・・・
*お問合せ 
 あじあ雑貨とチャイnyau(にゃう)
泉佐野市日根野3925
(JR阪和線 日根野駅から徒歩4分。イオンモール手前)
niiniidon@gmail.com
open 11:00〜20:00くらい
定休日 水曜日
http://namastenyau.blogspot.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿